<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ヒーリングセッション初体験

袋田の滝をさらに北上したところに、44Rainbowsさんはありました。水戸からは約1時間半。紅葉まっさかりで常陸太田に入ってからは、色づいた山の中をひとりドライブ♪ 

旦那さんのご家族が経営している姫の滝りんご園のなかに、子どもたちと建てたログハウスがヒーリングの場所でした。入口の床に手形がたくさん。形として残るものっていいね。大人になってもあったらいいね。

セッションをするのは初体験でどきどきしていました。初対面で色々はなすのはなんだか恥ずかしい気もして。

今回は将来のことについてお願いしました。私の場合「翼にほこりがかぶっている」という、なんともロマンチックな言い方をしてくれました。自分を発揮できていない。最近の私は委縮してるなあと自分でも感じてました。それは年をとったせいとも思っていたけれど、やっぱりそうなのかな。

第5チャクラが狭いそうで、第3チャクラから雑音が聞こえるとのこと。何か準備することはありますか?と前日に電話できいたら、予約しているときから色々とでているはずだからといわれて。そう、ここ2週間くらい喉が痛かったんです。喉は第5チャクラに通じているもので、言いたいことを言えなかったりすると、喉にたまってきます。

セッションをすすめていくと、涙がぽろぽろ。途中とまらなくなってしまいました。自分では言いたいことは言うタイプだと思っていたけれど、一番言いたいことだったり、我慢して言わなくてずっと心に残ってしまうことを言えていなかったです。そういうものは、時間がたてばなくなるものだと思ってたけれど、ずっと心の中にしまったまんまのようです。想いがとげられなかった残骸がたくさん出てきて、ここ2,3日もずっとひきずったままになってしまいました。

自分の気持に無視してはいけないんだと、今回はっきり認識しました。心のケアの仕方なんて習ったことなかったし、慰められるのは自分でもあるし、時には人の手も借りないとね。また心の中に積ってしまったらヒーリング受けようと思いました。

e0248901_21574185.jpg

裏にある滝がなんだかすべてを洗い流してくれるようでした。


44 Rainbows
〒319-3556
茨城県久慈郡大子町川山1150
姫ヶ滝りんご園内 44 Rainbows
http://44rainbows.com/
[PR]
by kyonblog | 2011-11-27 23:16

花貫渓谷の紅葉

e0248901_21512863.jpg

茨城県の紅葉どこかみたいな~と思ってたら、花貫渓谷のつり橋がきれいそうだったので、行ってきました。水戸からは1時間弱。意外に近かったです。今高速がタダなのでうれしい。

e0248901_21503117.jpg

渓谷までは駐車場からは徒歩20分。その間の山々も紅葉していて、いいお散歩コースでした。道幅もひろいのでひろくんも自由にあるけたしGOOD。

e0248901_2151817.jpg

メインのつり橋です。もみじの木がちょうどつり橋にかかっていて素敵でした。

e0248901_21504764.jpg

葉っぱを頭にのっけてたぬきに変身~

なんかとても素朴な渓谷でした。そこまで観光地化されていないというのもあるけど、とてものんびりしていて、結局往復2時間くらい写真撮ったりうろうろしていました。夏はキャンプとかできるみたいで、小川もあったし。また来たいなと思う地でした。
[PR]
by kyonblog | 2011-11-26 21:39 | おでかけ

歴史館のイチョウ

e0248901_2134433.jpg

お友達が歴史館のイチョウが綺麗だったということで行ってきました。老夫婦やカップルがデートしていて、お天気もよくて、なんだかほんわかしました。

e0248901_21342954.jpg

今日のベストショット。イチョウの絨毯がきれいでした。

e0248901_21344682.jpg

葉っぱ星人~と言いながら遊びました♪

なんかブルーだった気分が、秋晴れの天気に救われた気がしました。
もっともっと笑って過ごしたいなぁ。と思うのです。
[PR]
by kyonblog | 2011-11-25 21:37 | おでかけ

キャンプ in つくばねオートキャンプ

e0248901_17204193.jpg


子連れで念願の初キャンプにいってきました。キャンプも数回しかいったことないし、しかも2歳児と一緒で、テント泊で、旦那さんの会社の人からは凍死するとか脅されて、そんな不安がたまっていたせいか、テントとタープ設営で夫婦そろってひろくんにしきりに、ダメ!連発で、八つ当たりばかり。ひろくんごめんね〜本当。

snowpeakのおしゃれなテントを立ててる人や、焚き火台でまきを燃やしている人、憧れのまなざしてじろじろ観察しちゃいました。

食事は家から用意していった鍋ですませて、朝はお茶漬けだったけど、唯一凝ったのが初燻製!ダンボールで簡単設営です。
ちくわと、チーズと、ベーコンに挑戦してみました。
時々スモークチップを熱しないといけないみたいで、それが面倒なため、できあがりはかなり、燻製と言われてみれば・・・くらいでした。意外にちくわが一番燻製らしくて美味しかったです。また挑戦ですね。

e0248901_17203940.jpg


筑波山の麓にあるキャンプ場なので、遊び場が傾斜地になっていました。アスレチックもすこしあって少しなら遊べる感じでした。

小学生くらいの女の子が四葉のクローバーをたくさんみつけたからあげると言ってくれました。人がたくさんふみつける場所にあるみたいで、7つ葉もあるんだよ!と教えてもらいました。なんだか子どもとの交流って新鮮です。

ひろくんは4、5回夜起きたのでママがちょっと眠い。腰痛いし。パパは飲んだせいかぐっすりだったよう。

楽しんでキャンプできるようになるには、もうちょっと経験が必要かな〜と思いました。
[PR]
by kyonblog | 2011-11-18 02:53 | おでかけ

わくわく創造アトリエ

e0248901_1747548.jpg

わくわく創造アトリエ教室の体験にいって来ました。水戸にはないのでつくばまで!1時間もかからず行けるんだね。

童具で有名?な和久洋三さんが営むアトリエです。子どもの自由な発想を大人が手助けするようにカリキュラムがくまれています。最初本を読んだとき感動しました。大人の美の枠に子どもをあてはめてしまうと、とても創造力がとぼしくなってしまうそう。もとから持ってる色の感覚とか形の認識とかを自発的に学ぶというのが趣旨です。3歳までは親子で参加です。

1時間半でしたが、全然飽きることなく遊んでました。最初はシールを貼った紙をガムテープのしんに巻いて転がしました。次には、まず家ではできない!ポスターカラーをつけて白い紙の上を転がすといったなんとも子どもには楽しい遊び。

e0248901_1747559.jpg

白い紙が色で埋まって行くのは大人がみてても楽しかったです。

最後は絵の具で芯に自由にぬりぬりでおしまいです。

e0248901_17475641.jpg


子どもが楽しんでやっている!というのが、個人的にはとても大切かなと思いました。私も習い事していましたが、楽しんでできる習い事はひとつくらいで、あとは親の言われるままやっていた記憶があります。習ったことは人よりできるようになるからいいとお母さんは言っていたし、損はしていないと思うけど、習ってよかった!と思えない自分がどこかにいたりして。まあ贅沢といえば贅沢ですね。

子どもにとって何がいいのかあっているのかを見極めるのってなかなか難しいと思うこの頃です。
[PR]
by kyonblog | 2011-11-17 17:21 | こそだて

笠間の鴨工房さんの器

e0248901_20501616.jpg


水戸に越してきて今年初めて行ったGWにやっている笠間の陶炎祭。
益子は有名だけど、笠間の陶器のことは水戸に来て初めて知りました。

先週末も笠間の陶芸祭りなるものがありました。
意外にも若い作家さんが結構いて、旦那さんと息子くんはそっちのけで楽しかったです。
ひとつひとつ手作りというのが、なんとも温かい気分にさせてくれます。

気に入った作家さんが、「鴨工房」さんの器。
静かな雰囲気のご夫婦がつくっています。
GW中はお茶碗を買いました。
白のシンプルな器なのですが、なんといっても飽きがこない。
これってすごく大事なことだと思います。
以前はウェジウッドが好きでよく買っていたけど、やっぱり柄とか模様とか飽きてきちゃいます。
それはどの器でもそうかもしれない。
結局は無地の器をよく使っていたりして。

鴨さんはお店はなくて、ギャラリーだったりイベントでしか売っていないそうです。
なので今回は中皿を買いました。1枚2500円ほど。
地震がトラウマで怖いけど、一生ものだと思ったら安い!と自分に言い訳して買っちゃったよー
[PR]
by kyonblog | 2011-11-14 20:22 | かいもの

親子カフェ"スキップキッズ"in 西船橋

東京に帰った時にスキップキッズという、キッズスペースメインのカフェ?へ行きました。私たちがいったのは西葛西店。

e0248901_6484647.jpg


子供は1〜6歳までは1時間350円。キッズメニューを頼むと1時間は無料になります。

写真を撮るのを忘れてしまったのですが、キッズスペースに子供を見てくれる人が2人もいました。なので、ママたちはゆっくりご飯を食べれるというなんて素敵なシステム。キッズスペースはあっても結局見ていなくちゃいけないと話があんまりできなかったり。いやー待ちに待ったカフェとおもったけど、2004年からあったみたいなので、あー水戸にも作って欲しいと切に
思いました。

12時にはもう満席でしたが、ちょっと意外だったのが夫婦できている家族でした。
旦那さんはパソコンで仕事をし、ママは雑誌を読みながら、なんとも優雅な時間を過ごしているように見えました。

実際は子供の声におしゃべりママの声にうるさいので、おしゃれなカフェとはいかないけど、プチ独身時代の二人気分を過ごせそうです。

もっと将来はこういったお店が増えて、ママたちが元気になれるといいなと感じました。
[PR]
by kyonblog | 2011-11-13 06:30 | こそだて

キャンドルスタンド

憧れの花アトリエで月2回フラワーアレンジメントを習っています。

ドイツのスタイルだそうで、毎回先生がお題をだして、それにそって仕上げます。花材も自分で選べるので生徒さんそれぞれで全然作品が違うのができて面白いです。

e0248901_13574747.jpg

王冠をイメージして作ってみました。

ドライになっても茶色にならないコニファーを使いました。何もかもが初めてなので不器用さ満点で2時間みっちりかかりました。王冠の土台はアルミワイヤーで形を作るのですが、これなら家で好きな形を作って応用できそうです。
[PR]
by kyonblog | 2011-11-09 14:42 | ガーデニング

草月展

e0248901_148881.jpg

日本橋高島屋で年に一度の草月展が先週末ありました。
前期に行ってきましたが、それでも300点あまり。私の先生、大柴栄子先生も出展されていました。


e0248901_1481052.jpg

これが先生の作品です。


e0248901_1481242.jpg

家元の作品です。


e0248901_1481558.jpg


e0248901_1482020.jpg


e0248901_1482190.jpg


e0248901_1482272.jpg

家元のコーナーが今年はとても広くとられていて、すごくよかったです。
器ももちろんですが、花材が秋らしく実物が多くて、私の知らないものばかりでした。シンプルながらも豪華というか、やっぱり技術のすごさを目のあたりにしました。

その他にも気になった作品をいくつか載せます。

e0248901_1482330.jpg


e0248901_1482444.jpg


e0248901_1482557.jpg


e0248901_1482594.jpg


これだけ大きな作品をたくさん目にすると、自分の活けた作品は本当に小さいんだなあと思います。私も大きい作品いけれるようになるのはいつだろうなぁ~
[PR]
by kyonblog | 2011-11-09 14:00 | 生け花

11/7生け花レッスン

e0248901_1404035.jpg


今日の花材は
オクラレルカ
バラ
でした。

バラの深いピンク色がこういう女性になれたらいいなあという色でした。
[PR]
by kyonblog | 2011-11-09 13:56 | 生け花


2歳の息子との楽しい生活を送れるように前向きに生きたい


by kyonblog

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
こそだて
ゆるゆるマクロビ
ガーデニング
おでかけ
生け花
すきなもの
かいもの
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

Summer Snow
Atelier Zum Tal
里山と無添加パン
JARDINAGE

最新のトラックバック

ブログパーツ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧